top of page
image-1.jpg

新しい「旅」のあり方。

BENCHは、鎌倉の日常に溶け込むように滞在できるゲストハウスです。観光客の多い東口ではなく、地元住民が利用する御成商店街の中にあり、鎌倉の日常を感じられる立地になっています。

商店街に面した玄関ポーチにはオリジナルでデザインしたベンチがあり、そこで一息つきながら、旅人同士はもちろん、地元住民の方々との交流や出逢いが生まれる事も期待して、「BENCH」と名付けました。

一度きりの観光地巡りではなく、鎌倉という場所や様々な人と深い繋がりを作ってみませんか。

第三の拠り所

家と職場以外の自分だけの空間、故郷やお住まいの次に大事な場所、そういった拠り所を悠久の歴史をもつ鎌倉に作る事は、人生を更に楽しく豊かに昇華させてくれます。

「非日常の鎌倉」が「日常の鎌倉」になるように、小さなゲストハウスではありますが、1人旅から家族旅行、ワーケーションまで対応できる部屋を用意してお待ちしております。

倉庫っぽさ

下町を歩いているとたまに見かける倉庫。

土間のままガランとしていて全く着飾っていない雰囲気は、自由な感じがしてとても好感が持てます。

BENCHのインテリアを考える時に、その自由さをイメージしました。過剰に作り込み過ぎないことで、肩の力を抜いて、気取ることなく滞在できる空間。

インダストリアルなスタイルに近いようで違う、無骨で少し手の跡を残したようなインテリアになっています。

malik-skydsgaard-jY9rX-E7ztU-unsplash.jpg

交通の便がよく、海や山が近くにある環境。さらに観光地でありながら地域住民の生活が根付いている場所。長きにわたり探し続けてきて、やっとたどりついたのが

鎌倉「御成商店街」

ABOUT

P1423376.jpg
malik-skydsgaard-jY9rX-E7ztU-unsplash.jpg

FIND US

bench2wh_4x.png

神奈川県鎌倉市御成町7-13御成町7番ビル1F

☎︎ 0467-33-4665

鎌倉駅西口から徒歩5分

つの個室(時期によってはコワーキングスペース)と6つのドミトリー

shane-rounce-DNkoNXQti3c-unsplash.jpg
Image by Devaiah Mallangada Kalaiah

由比ヶ浜でのジョギングや鎌倉大仏まで散策、ワーケーションの拠点として。肩肘張らずに自由に過ごせることを第一に、作り込み過ぎない事を前提にインテリアをデザインしました。

男心をくすぐるラフで無骨なインテリアデザイン。20年以上にわたって住・商環境デザインを生業としてきた私たちが考える最低限の設備で生み出した居心地のよい空間。

priscilla-du-preez-nF8xhLMmg0c-unsplash.jpg
surface-MWNsB9ltsrQ-unsplash.jpg
  • どのような施設ですか?
    4つの個室、6つのドミトリーがあるゲストハウスです。(個室はコワーキングスペースになる時期もあります)2階が別事業者のカフェ&バーとなっておりまして、足音が気になる場合も御座いますので、その際は耳栓をご使用頂きたいと思います。また、稀に数時間程度のJAZZライブが行われますが、深夜では御座いませんのでご了承ください。
  • デイユースはありますか?
    その日の状況によりますので、お問合せください。
  • ワーケーションは出来ますか?
    個室には机と椅子がありますので可能です。
  • Wi-Fiは使えますか?
    使えます。
  • 部屋は何人入れますか?
    「B」は最大6名(ソファベッド使用) 「E」は最大5名(ソファベッド、エキストラベッド使用) 「N」は最大2名 「C」はドミトリー、6人分 「H」は最大2名
  • ペットと一緒に宿泊する事は可能でしょうか?
    大変申し訳ありませんが、不可とさせて頂いております。
  • チェックイン前に荷物を預かって貰うことは可能でしょうか?
    その日の状況によりますので、お問合せください。
  • 風呂・トイレ・洗面所はどのような感じですか?
    シャワールーム2つ、トイレ2つ、洗面所2つが共有で御座います。 「B」「E」の個室には専用の洗面台が御座います。
  • アメニティは何がありますか?
    バスタオル、フェイスタオルは料金に含まれております。 シャンプー、ボディソープ、ドライヤーは共有でお使い頂けます。 歯ブラシは販売させて頂いております。
  • 駐車場はありますか?
    申し訳ありませんが、御座いません。近くのコインパーキングをご利用ください。

FAQ

アセット 8_4x.png
bottom of page